garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

上田に行ってきました

上田の母に会いに行きました。

今回は一人なので電車で行きました。( 4/19のお話です ) 

必要となれば現地でレンタカーを調達するつもりで。。。

 

駅で道草

f:id:garadanikki:20170429154441j:plain

電車だと、どうしても寄ってしまうの、駅ビルの立ち食い蕎麦屋の「ちくま」さん

※ 立ち食い蕎麦といいましたが、カウンターの着席スタイルのお店です

 

ちょこっと蕎麦をすするつもりが、この量です。

f:id:garadanikki:20170423121046j:plain

すくってもすくってもある。

f:id:garadanikki:20170423121045j:plain

母が待っているだろうに、どうしても食べたかったのだが、もはや軽食ではない。

m(__)m

 

家につくと熱烈歓迎してくれたのがぴーです。

f:id:garadanikki:20170423121050j:plain 

こんな小っこい頭をしていて、覚えていてくれたのか。

可愛いやつじゃのー

f:id:garadanikki:20170423121048j:plain

 

今回は特に何をするという用事もなく、ぶらっと来たのですが、

足が弱くなった母の代わりにスーパーまで買い出しに行きますか。

夜の食材も買いたいし。

f:id:garadanikki:20170423121052j:plain

スーパーは5分ほどの距離にあります。

いいお日和。

あら綺麗な花。

f:id:garadanikki:20170423121051j:plain

一本の木に濃いピンクと薄いピンクとまだらのが咲き乱れている。

 

色々な模様だ。

f:id:garadanikki:20170423121054j:plain

 

花桃というらしい。

f:id:garadanikki:20170423121053j:plain

 

 

信州上田はいたるところに川が流れています。

f:id:garadanikki:20170423121058j:plain

 

お寺さんの敷地の下にも、、川。

f:id:garadanikki:20170423121055j:plain

 

 

水の音が聞こえるのはヒーリング効果もあるんじゃないかな。

f:id:garadanikki:20170423121056j:plain

 

後から聞いたのですが、地域の方が協力して花桃街道にしたらしい。

f:id:garadanikki:20170423121059j:plain

上田には、余里の一里花桃の里 という花桃の綺麗な名所があるんですが、

ここは駅からほど近い住宅地。

近所の方々が作ったミニ花桃街道です。

 

この時期はいいですね、

雪柳にレンギョウでしょうか、競うように咲いています。

f:id:garadanikki:20170423121100j:plain

 

スーパーに敷地にも花桃

f:id:garadanikki:20170423121101j:plain

「花桃はくどい。梅か桜の方が風情がある」なんていう人もいますが、

パッと明るい花桃から沢山元気をもらいました。

 

「足が痛くてスーパーにも行きたくない」という母。

出不精になるとどんどん体も衰えのではと心配です。

「花桃が綺麗な内に、散歩がてらスーパーに行ってみたら」と言いました。

花好きの母ですから、きっと出かけてくれるでしょう。

 

 

 

翌朝、レンタカーを借りに駅まで行きました。

何回か来ている上田はそのたびに発見があります。

f:id:garadanikki:20170423121102j:plain

 

こんな賑やかな飲み屋街もあるんだ。

f:id:garadanikki:20170423121103j:plain

 

こういう路地も魅力的

f:id:garadanikki:20170423121104j:plain

 

f:id:garadanikki:20170423121105j:plain

古い家が沢山残っているのも上田の魅力。

 

ブラタモリでも紹介してましたね、

上田城の鉄壁の守りは「河岸段丘」を利用していたからだそうな。

右側の低い部分が駅前のホテル。土手上が旧市街です。

f:id:garadanikki:20170423121108j:plain

上田城もこの河岸段丘を城壁としてうまく使っていたんですね。

 

こんな道標を見つけました。

f:id:garadanikki:20170423121106j:plain

うううっ古地図もあるじゃないか。

本当はこういうのを見ながら町じゅうをほっつき歩きたい。

でも母が首を長くして待っているから帰りましょう。

 

車を借りて母をピックアップして大きなスーパーに行きました。

お昼ご飯は何にする?

お刺身が食べたいというので和食のお店に入りました。

 

お刺身定食は母

f:id:garadanikki:20170423121110j:plain

 

私は海鮮丼

f:id:garadanikki:20170423121112j:plain

 

海鮮丼にセットになっていた あご出汁うどん

f:id:garadanikki:20170423121111j:plain

母に「食べる?」といったら、「うん」という良いお返事。

「これなら噛める」と宮崎風のやわらかいうどんを美味しそうに完食。

母が育った秩父は、うどんで有名です。

関東の、特に秩父地方のうどんは、西に比べて硬くて弾力のあるものですが、

西のやわらかいおうどんも好きなんですって。

 

場所を変えて喫茶

f:id:garadanikki:20170423121114j:plain

プリンアラモードなんていうのを注文してみました。

 

紅茶のポットカバーは常連さんが作ってくれたものだそうです。

f:id:garadanikki:20170423121113j:plain

 

帰りに生地屋さんを見つけて母が大騒ぎ。

私と違ってお洒落な母は、着る物も自分で作ったりします。

ロングドレスに出来る素敵な生地があったので、二着分プレゼントしました。

 

一泊二日の滞在でしたが、よく食べ、よく笑い、たくさん話もできたので親孝行になったかな。

また来るね MAMAちゃん、またね ぴー。