garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

マルちゃん正麺にハマる ソース焼そば

 

ソース焼そばの《浮気》をしました。

子どもの頃から袋麺の焼きそばといったら、ずっと日清焼そばでした。

f:id:garadanikki:20201001144441j:plain

 

 

ところが新発売・マルちゃん正麺ソース焼そばに手を出してしまった。

f:id:garadanikki:20201001144435p:plain

 

マルちゃん正麺は「醤油味と味噌味が美味しいね」と贔屓にしてたんですが、

新製品がぞくぞく出ています。困っています。

f:id:garadanikki:20201001144417p:plainf:id:garadanikki:20201001144400p:plainf:id:garadanikki:20201001144342p:plain

 

でですね。

袋麺パックのズルいところは、5個入りなんです。

5人家族なんてそうはいないでしょう。

家族が、2人でも3人でも4人でも微妙に余るわけです。

そうするとまた5個入りパックを買わなきゃならんワケです。←無理に買う必要もないが。

f:id:garadanikki:20201001144429p:plain f:id:garadanikki:20201001144348p:plain


まだまだ試してみたい商品があるというのに、このループは大変。

 

マルちゃん正麺ソース焼そば

マルちゃん正麺ソース焼そばは、調理法が他と違います。

普通は、野菜を炒め→お湯を入れ→麺を入れ→汁気が少なくなったら最後にソース。 

ところがマルちゃん正麺は、麺が最後なんです。

野菜を炒め→お湯を入れ→ソースを入れ、最後に麺。

イメージしてみてくださいますか。

野菜入りソースの煮汁の中に、乾麺を入れて大丈夫なのかと、心配になりませんか?

しかし、これがポイントみたいで、不思議にちゃんと柔らかくなる。

手順の違いは、味にも見た目にも現れます。

従来の《焼そば》という感じより、汁なしそばに近いトロッと感があります。

 

これを美味しいと思うか、えっ?と思うかは好みの問題でしょうが、

MOURI は、袋麺の粉っぽさが無くてウマいとの高評価。

 

これはこれでいいと思います。 

f:id:garadanikki:20200928092136j:plain

 

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20200928193031j:plain

 

先日お話した「上州名物 国定忠治の焼きまんじゅう」の残りの味噌でコンニャクを炒めました。

f:id:garadanikki:20200928193725j:plain

美味しいなあ、焼きまんじゅうの味噌の味。

すっかり虜になってしまいました。

どうやったら、この味になるんだろう。

いつもなら、砂糖や味噌やらの調合を試したりするけれど、無理です。

元々の味噌による美味しさでしょうから。

 

どうしても食べたくなったら取寄せることにします。

忠治茶屋本舗の「上州名物 国定忠治の焼きまんじゅう」を。

 

ということで備忘録⤵

www5.wind.ne.jp

 

 

上州といやMOURI の実家、群馬県吾妻郡草津町には、それはそれは美味しい野菜があります。

正確にいえば、隣村の六合村 ( くにむら ) という所で採れるんですが「幅広いんげん」といいます。

モロッコいんげんに似ているのでよく混同されるのですが、柔らかさと甘さと瑞々しさが全く違うんです。

わがふるさとの自慢の野菜

f:id:garadanikki:20201001152203j:plain

一度これを食べたら、都内のモロッコいんげんには手が出せなくなります。

草津に行くと、必ず土産に買って帰るのですが、コロナ禍で今は食べられない。

 

しょうがないから今日はモロッコで我慢。

我慢だなんて失礼な話だが。

f:id:garadanikki:20200928193717j:plain

 

本日のたんぱく質は、ラム肉。

大好きなジンギスカンのタレで食べるラム肉は、いつ食べても美味しいおかずです。

f:id:garadanikki:20200928193722j:plain